ヤミ金などの悪徳金融は絶対NO!!
安心してお金を借りて、無理なく返済できるサービスを探そう!

地域別キャッシング・消費者金融データベース

詳細情報

商号・名称 | 南都カードサービス株式会社 (奈良県/生駒市)

登録番号 近畿財務局長(8)第00513号
日本貸金業協会会員番号 第003252号
本店(主たる営業所) 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒一丁目61番地7
電話番号 074-708-8881

この会社の場所

南都カードサービス株式会社 (奈良県/生駒市)の補足情報

この会社の情報は現在調査中です。


◎消費者金融でお金を借りる人のためのお役立ち情報 No-175



新規カードローンを実行できるかどうかの審査で、よく「在籍確認」という名前で呼ばれるものが行われることになっています。大変手間のかかるこの確認はカードローンの融資を希望している人が、申込書に記入している勤務場所で、そのとおりに働いていることを審査手順通り調査するというものです。
消費者金融系(アコムやプロミスなど)の場合は、素早い審査で即日融資できるところがかなりあるようです。とはいっても、消費者金融系といっても、会社ごとに定めのある審査については必要項目です。
嬉しいことに、インターネットを利用してWeb上で、パソコンなどの画面で簡単な設問の入力を終わらせて送信するだけで、借入可能額、返済期間などを、その場でシミュレーションしてくれるキャッシング会社もけっこうあるので、難しそうに見えても申込は、とてもシンプルですぐにできます!一度試してみませんか?
審査の際は融資を申し込んだ人が今回の申込以外で他の会社から借入の総額で、総量規制の対象となる年収の3分の1以上の貸し付けを受けている者ではないか?また他のキャッシング会社で、新規キャッシングのための審査を行って、OKがでなかった人間ではないのか?などの点を重点的にマニュアルに沿って確認しているのです。
広く普及しているけれどカードローンを、しょっちゅう使ってお金を借りていると、借金を申し込んでいるにもかかわらずいつもの自分の口座にあるお金を引き出して使っているかのような間違った意識になってしまうことがあります。このようになってしまったケースでは、本人もまわりも気が付かないくらいの短い期間でカードローン会社によって設定されている利用制限枠に達することになります。大人気となっている一定日数(最大30日)の、金利がつかない無利息キャッシングをご利用いただくと、カードローン会社へ返済する合計額が、確実に無利息期間の分は少なくなるので、それだけ得することができるのです。ちなみに利息不要でも審査の内容が、特殊なものになっていてパスさせないなんてこともないのがうれしいです。
取り扱っているカードローンの規程によって、多少なりとも違うところがあるのは事実ですが、それぞれのカードローンの会社は細かく定められている審査条件にしたがって、審査を行った結果その人に、即日融資することが可能なのか違うのか確認して会社の意思を決めるのです。
即日キャッシングとは、確かにみんなが言うとおり当日に、依頼した融資額を振り込んでくれる仕組みですが、事前の審査でパスした場合に同時に、即振込をしてくれるというわけではないことは珍しいものではないのです。
あちこちのサイトで頼りになる即日キャッシングのメリットが色々と掲載されているけれど、その後の詳しい手順や振り込みまでの流れというのを見ることができるページが、残念ながらほとんどないという状況です。
即日キャッシングは、事前の審査にパスすると、あとは短時間でお金を貸してもらえるありがたいキャッシングなんです。出費がかさんでピンチなんてのは誰にも予想できません。他に方法がないとき、即日キャッシングができるってことは、本当に頼りになるものだと考えられます。キャッシングというのは、銀行系と呼ばれる会社などのときは、カードローンという名前で紹介されたりしています。大きくとらえた場合、申込んだ人が、銀行や消費者金融などから現金で借りる、小額(とはいえ数百万円程度まで)の融資のことを、キャッシングと名付けています。
今の会社に就職して何年目なのかとか、どのくらい長く現在の住所で住み続けているのかはどちらも審査される項目なんです。なお申し込み日における勤務年数や、申し込み日現在における現住所で住んでいる年数があまり長くないようだと、やはりカードローンの可否を決定する事前審査で、不可の判断の原因になるきらいがあります。
現実的に就職している社会人だったら、新規申し込みの審査で落とされることはほぼ100%ありえません。年収の低いアルバイトやパートの方も望みどおりに即日融資を許してくれることがほぼ100%なのです。
当たり前のことですが、話題になることが多いカードローンは利用方法を誤ると、多重債務という状態を生む大きな原因になり得ます。ですからローンは、お金を借りたんだという認識を忘れずに!
以前はなかったのですがキャッシングとローンが一つになったキャッシングローンという、おかしな商品も指摘されることなく使われているので、もうすでにキャッシングというものとカードローンの間には、一般的には違うものだとして扱うことが、全くと言っていいほど失われてしまったと言ってもいいのではないでしょうか。