ヤミ金などの悪徳金融は絶対NO!!
安心してお金を借りて、無理なく返済できるサービスを探そう!

地域別キャッシング・消費者金融データベース

キャッシングFAQ/質問相談コーナー:予備知識に関する質問

キャッシングで自己破産することはありますか?

記憶に新しい2010年、キャッシング業界には大きなメスが入れらましたね。年収の3分の1までしか借りられず、それを超えての借り入れは出来ず、その場合、既に借りている人は返済をして残額を減らさなければ新たな借り入れが出来ないようになりました。

これはキャッシングを繰り返していた人が、やがて複数の借金を抱える多重債務へと陥り、そして自己破産にまで陥ってしまう事態が多発した事に由来しています。

こうした部分というのは本来であれば「自己責任の範疇」であり、キャッシング業者の責任ではないはずだったのですが、あまりにもそうした人が続出したために、キャッシング業界そのものへの法規制が検討されてしまったのです。
「暴力的な取り立て」「違法な高金利」など、悪いイメージになってしまったキャッシングを、業界は様々な利便性やサービス向上により、生活に根付いた身近で気軽なサービスへと進化させました。ただ一方で、それが逆に、多くの人が気軽にキャッシングを行う中で、無計画にキャッシングをすることも可能な状況を生み出してしまった背景があります。

本来であれば、ヤミ金はともかく、まっとうなキャッシング業者側は特に何かおかしな事をした訳ではないのですが、それでもキャッシング業者がお金を貸していた。そしてその貸していた人が自己破産した。そんな人が続出してしまったがために、キャッシング業界が槍玉に挙がってしまったのです。

ただし、法規制をせざるを得ないほど、キャッシングから生まれる自己破産者が看過出来ないものになってしまったという事は、業界としても対応不足だったと言えるかもしれません。特に自己破産というのは「今後のお金の信用も失うものの、借金そのものも帳消しに出来る」という一面のおかげで、安易に自己破産を行ってしまう人が増えていました。

この点に関しても、キャッシング業界は何の関わりはありませんが、それでもキャッシング業界が自己破産の引き金を引いている、という判断を下されてしまいました。それが総量規制へと繋がっていく事になってしまったのです。

業界の対応不足もあるものの、キャッシング、つまり借金というのは「借りたお金はかならず返す」ことを前提として成り立つものです。返せない額を借りたり等、返済計画を立てずに借りてしまえば、自己破産しか道がない、という結果になるのは当然です。貸す方が悪いという言い分ももっともですが、私たちユーザーの考え方にも誠意が求められる点があるのです。

キャッシング=いつかは自己破産、というイメージが、キャッシング業者の悪事であるという訳ではない事も、覚えておきましょう。

[PR]あなたのお借り入れを強力にサポートします!100超のキャッシングを熟知した無料専門アドバイザー

→ このカテゴリの質問一覧へ戻る→ FAQトップへ戻る

分からないことを質問する
質問者に回答する

キャッシングや消費者金融利用に関するあなたの悩みやギモンを自由に質問できます。またあなたの経験から質問者への適切なアドバイスもこちらから送ってあげてください。(回答する場合は対象の質問内容も記載してください)

ご質問内容または質問に対する回答
※お預かりした質問に対しての回答は当サイトにて随時アップされます。
※特定金融機関の業務内容に関する質問などはお答えできかねます。その他質問内容によってはご回答の掲載を見合わせていただく場合がございます。
※FAQコーナーと関係の無い投稿やお問い合わせには対応できませんのでご了承ください。

 確認ページは表示されません。内容をご確認の上チェックを入れてください